診療科目について

- タグ: ,

歯科医や薬剤師は、科目がありません。医師には、診療科目があります。では、どのような診療の科目があるのでしょうか。それは、外科、内科、眼科、耳鼻科、皮膚科、精神科、産婦人科などです。大学では、診療科目全般を学んでいきます。では、どのようにして診療科目を選んで行くのでしょうか。それは、研修期間があります。その研修期間で、各診療科目を一通り経験します。この経験から、自分が行きたい診療科目を選ぶことができます。そして、医療の現場で、実際に医療行為を行っていきます。このように知識や技術を身につけていきます。医師としてのスタートラインに立ったというわけです。
診療科目の中で勤務がきついと言われているもののひとつが、産婦人科です。その理由は、人材不足です。そのため、毎日が大変で業務が追いつけていなくて残業が当たり前になってしまうこともあります。
個人で行っている開業医は基本的に自分のペースで仕事ができます。ですが、何から何まで自分でやらなければならないのが大変です。勤務医は、スタッフ同士で協力し合いながらやれる反面、やはり大変なことも多いです。そのひとつが、夜勤があることです。その夜勤業務で体調を崩しやすいと聞きます。医師も人材不足でとても大変な仕事となっています。そして、研修や勉強会の他に学会もあります。このように診療科目に関係なく、いろんな研修が行われています。医者でもこのようにいろんな診療科目があります。研修や勉強会、学会も診療科目で、分かれています。自分が専門のものを勉強会や研修、学会を行って最新の医療の技術を学んでいきます。業務だけでも大変なのに勉強や研究もあるので、本当に過酷な仕事です。